創立80周年を迎えた北欧最大級の家具メーカーノルウェー エコーネス社のブランド

Made in NORWAY - ノルウェー製全て自社工場で一貫生産

1971年の第1号発売から40年以上の歴史を誇り、世界50ヶ国以上800万台以上を販売している、No.1リクライニングチェア

体の動きに合わせて首、背骨から腰まで隙間なく体を快適にサポート

アメリカカイロプラクティック協会(ACA)の推奨商品として認定されている人間工学的に優れたリクライニングチェア


EKORNES® エコーネス EKORNES® エコーネス

1934年創業のノルウェーの家具メーカー。当初は家具やベッド用の用スプリングやマットレスの製造からスタートし、1938年にマットレスレーベル〈スヴァーネ(Svane)〉をスタート。その後、1971年には創業者イエンス・E・エコーネスが約2年の歳月をかけて開発した<ストレスレス®チェア(Stressless)>第1号を発表。TVを観ながら一日の疲れを忘れてくつろげるチェアをという想いから開発され、背もたれに体重をかけるだけで自動的にリクライニングする機能は国際特許を取得。
以降、革新的技術で快適性を追求しながら国際的チェアメーカーとして大きく成長。現在、北欧最大規模の家具メーカーとして、創業80周年を迎え、世界的な知名度を得た<ストレスレス®>シリーズを中心に、最上質のリラクゼーションを提供し続けています。

Stressless® ストレスレス®チェア Stressless® ストレスレス®チェア

ストレスレス®チェアは背もたれに体重をかけるだけで自然にリクライニングし、体を起こすと同時に背もたれが自然に起き上がります。どんな姿勢でも首と腰が支えられるように設計されているので、体にほとんど負担がかからず、長時間快適な座り心地を保つことができます。
北欧最大規模の家具メーカー、ノルウェー・エコーネス社(1934年創業)にてデザイン・開発され、すべて自社工場にて一貫生産で丁寧に作られています。 「すべては最高の座り心地のために」・・1971年の発売以来、世界50カ国以上ですでに800万台以上を販売している実績こそがNo.1リクライニングチェアとしての信頼の証です。


また、ストレスレス®チェアは体を支える内部構造や独自のサポート機能がどんな体型・体格の人にも対応し、人間工学的に優れていると評価され、2002年にアメリカカイロプラクティック協会(ACA)から推奨商品として認定されました。快適性を追求するストレスレス®チェアは高さが調節できるヘッドレストや、独立したオットマンが付属しており、どんな身長の人でも適切にサポートができるようになっており、体格に合わせてチェアを選べるようほとんどのモデルが3サイズ展開されています。

imagine 80years of comfort

2014年、エコーネスは創立80周年を迎えました。
これまでの皆様のご愛顧に感謝申し上げます。
1934年 イェンス・E・エコーネスが設立し、後にノルウェーの代表的ブランドとなる「ストレスレス®チェア」が生まれた背景、そして今日までに至るヒストリーをご紹介致します。


The Story of EKORNES 1934→2014

1934 エコーネス創業 イェンス・E・エコーネスは3名の従業員とともに、家具とベッド用のスプリング生産を始め、家具メーカー及び販売店と取引を開始しました。


1938 スプリングマットレスを発売 スチール製コイルで結合された内部スプリングを開発し、
マットレスに応用して発売を開始しました。


1963 ソファベッド製品を発売 ドイツでソファベッド製品を発売し、成功を収めました。


1971 ストレスレス®チェア第1号を発売 創業者、イェンス・E・エコーネスが、約2年の歳月をかけて開発したストレスレス®チェア第1号がノルウェーで発売。
「TVを観ながら一日の疲れを忘れてくつろげるチェアを。」という想いから、従来のソファにはない、背もたれに体重をかけるだけで自動的にリクライニングする機能を開発。
国際特許取得済のリクライニング機能は、現在も他に例のないストレスレス®チェア独自の特長となっています。


1981 木製のベースを発表 初代のスチールベースに代わり、木製ベースが新たにデザインされました。
S字形の2本脚は、安定性の追及から生まれたエコーネス独自のオリジナルデザイン。
現在のストレスレス®チェアを象徴するフォルムとなりました。


1991 プラス™システム(国際特許取得)を発表 さらなる快適性を目指し、プラスTMシステム(国際特許取得)を開発。起き上がった状態でも、リクライニングした状態でも、しっかりと腰を支え、さらに、シートを倒すと、ヘッドレス卜が首と頭を優しく支えながら起き上がり、心地よく首や頭部全体を支える機能です。これにより、長時間の読書やテレビ観賞も、これまで以上に快適にお楽しみ頂けるようになりました。


1993 ストレスレス®ソファの発売 ストレスレス®チェアの機能をソファに導入。
シートがそれぞれリクライニングし、ご家族で快適性を共有頂けるようになりました。


1994 1つのモデルで複数のサイズを展開 「体格が異なる人が快適に座るためには、異なるサイズのチェアが必要である。」という考えをもとに、1つのモデルで2~3サイズの展開を開始。
リクライニングチェア業界で初めてサイズ展開を形にした製品となりました。


2001 睡眠のための独自の機能を開発 深くリクライニングした状態から、さらに眠れる姿勢まで背もたれが倒せる機能を開発しました。


2003 ホームシアターセットの提案 ホームシアターの需要に伴い、ストレスレス®ソファとチェアのセットでの配置を提案。
このコンセプ卜は世界中で大きな反響を呼んでいます。


2004 新工場設立とロゴのデザイン改定 ストレスレス®製品の需要増加に伴い、1日2000シートの生産能力を持つ新工場を設立。
大幅なオートメーション化と先進的なロポットの導入により、世界で最も先進的な家具工場に。
この年、ストレスレス®チェアの口ゴを、快適性をイメージした新しいロゴに改定しました。


2012 ストレスレス®チェア日本で立体商標授与 世界各国で長年にわたり普及し、形状だけで十分な識別力を有する知的財産(IP)として、日本でも2012年5月にストレスレス®チェアが立体商標登録されました。曲り木の脚部台座(輪形の底部と”アワークラス"<砂時計型>脚部)が象徴する、快適さを与えるチェアとして誰もが認識できると認定されたストレスレス®チェア。ノルウェーのデザインチームが生み出した独特な形状のデザインは、40年その形を守り続けています。


2014 THE INNOVATORS OF COMFORT
~未来に向けて、さらなる快適性の追求~
エコーネス創立80周年 ―― 日本では雑誌「ホ―ムシアターファイル」主催、ホームシアター・ショップのインストーラー100名の投票によって決まる「ホームシアターグランプリ」プロダクト部門において4年連続金賞を受賞しました。